夏は 世界の恒久平和を願い

       6月  5日 月曜日 芒種 八専終り 環境の日  

               

               

               

       湿度の低い爽やかな1日を過ごしたようである

      気温はそれなりにあったが 湿度が低いと爽やか度は随分

      とあるものである

      日差しが強いので 熱中症の懸念はあるが 楽しい土・を

      過ごせたのではなかろうか

      身体に覆いかぶさって来るような あたかも天空の湿気を一

      身に浮けるが如くの日本の高い湿度を取り込む日本の梅雨

      これからが本番近くである

      日本の夏は楽しい夏である 野山 人里 ビル街でも人の住

      むそここそで楽しめる 蝉の鳴き声 それを追う小さな鳥たち

      さらにそれを高い所から狙う 猛禽類に属する鳥たち 

      鮎漁も解禁された 今 野山や人里のみならず川面にもその

      営みをは広がっているのである

      長くて短い夏は これからが本番 休暇取得を推し進める現

      政権トップが ゴルフに打ち興じる姿を映しだされているよう

      あるが 果たしてそれが 国民に平等に休む機会を与えてい

      るのだろうか

      世界では 様々な動きが日々起きている 温室ガス効果の

      パリ議定書批准にアメリカが脱退を表明し 北の国への追

      加制裁を国連安保理という狭い世界で取り決めたようであ

      る 果たしてどこまで実効があるのか今までの状況を思う

      につけ疑問はさらに深くなるのである

      楽しい筈の夏が 悲惨な状態とならぬよう早く正当な国交

      回復が望まるのである

      いつまでも頭の上を気にしなくて済むように