一身独立

『独立の気なき者は、必ず人に依頼する。人に依頼する者は、必ず人を恐れる。人を恐れる者は、必ず人にへつらう。』

福沢諭吉の言葉で、独立心(自立心)を持て、を意味するもの。

俺はこの言葉大好きなんだけど、その割には独立心を持てていない。

結局甘えている。

常に何かの眼を気にしている。

周りに依存はしてはいないけど自立出来てはいない。

これを強く感じるときの感覚。

なんとも言えず、頭が重い。

揺らぐ自信、信念。

そして自分をどこまで許していいものなのか。

全くわからん。

ホントわからん。

酒のんでごまかすとか好きなことして気分転換だとか言う奴いるけど、それは苦しんだことのない輩の愚言。

でもな。

こういうのって本人じゃないとわからんのよ。

味わってないと。

湿気多いからかな。

低血圧で頭冴えない。

なんかもう、五感も冴えない、ゴーストも足りてない。

まあ俺は定期的にこうなるから。

何を今さら。

俺の中にいるBLACK DOGを手なずけて。

そして今日の尊さを感じて。

今を生きる。

流るる水はくさらず。

それを信じて。

俺はNative stranger ( ´∀`)b