どのブログツールを使えば良いかわからないドッグトレーナーの方へ

仕事が楽しくて仕方ないのですが、勉強もしないとで、少し疲れてきたとどけんです。

自分はIT業界出身で、今も身を置いているということもあり、インターネット系サービスを使うことも多く、それなりにこなれています。と、勝手に思っているだけ

最近分かってきたのですが、どうも業界の外から見ると、この能力はすごいことのように思えるらしいです。確かに、色んなツールがあって、どう活用すれば良いかわからないですよね。

そんな方に役立てばと思い、今日は専門のITネタについて書いてみようと思います。

ブログを書く際のスタンス自分の場合、ブログは日記みたいなものなので、特に構えて書くことはしません。昔から継続はしないものの、ブログが登場してすぐに、それなりに書いていたので、書くこと自体にも苦はありません。

今であれば、勉強していて記憶に残ったことを記録しています。そして、考えたことをついでに記録しています。ダラダラ書くので、少し長ったらしくなります。。

炎上も怖くはありません。逆に、炎上商法と言われるように、それだけ注目を集められるのであれば、知名度を上げるチャンスです。気にしたら負けです笑

確かに自宅を突き止められたり、文句を言われることは怖いことではありますが、所詮はネット上の出来事ですから。そして、自分が信念を持って書いたことや考えたことであれば、どんな苦情にも反論できるでしょう。

仮に、自分が間違っているなと思えば、それは訂正すれば良いだけです。自宅を突き止められたとしても、それは主義主張があってのことでしょうから、何か言いたいことがあるのであれば、是非とも自宅まで来てもらって、一緒に議論しましょう。

何を使えば良いのか?ブログツールはたくさんあります。無料のものから、有料のものまで。自分で全部構築するタイプのものもあります。が、目的によって使い分けるのが良いと思っています。

かなり詳しく以下のサイトでまとめてくださっているので、ご紹介します。数字を根拠にした細かい比較はこちらをご覧ください。

ドッグトレーナーの職業の方がブログを始めると仮定すると、自分は目的別に、ざっくり以下のように考えています。上記の数字と比較しても、そんなにズレてない気はする。

単に読者を増やしたい場合アメブロ専門的な知識を整理して世に広めたいはてぶ自前ワードプレス自分の知識を使って広告収入を得たい自前ワードプレスBloggerやFC2等もありますが、自分は日本でペット関係の話で書くなら上記の役割で分けてブログを書くかなと思います。

そうです。今、私がアメブロを使って書いているのには、理由があります。

正直、広告収入とか専門的知識に関するコメント等は自分は期待していなくて、ドッグトレーニングに興味のある方やその界隈の人と繋がりたいということで、アメブロを利用しています。

実際、読者になって下さっている方は、狙い通りワンコ大好きな方のようなのでありがたい限りです。少しでもお役に立てる内容を、勉強しながらまとめていこうと思いますので、どうぞ宜しくお願いします。

アメブロにした理由いい意味で、アメブロはチャラいブログツールです。SNSっぽい機能も多いため、他の読者との繋がりを作り出しやすいツールと言えます。

利用者の方も、高度に専門的な方というより、一般の方が多いです勿論、専門家もいますよ!どちらかというと、という意味です。自分がターゲットとする犬や猫、殺処分等に関心を寄せる方も多い。また、ドッグトレーナーの仕事をする場合、ターゲットとなりそうな方も多い。そして、ランキング等でそれが可視化されています。

既にある程度の規模のコミュニティが成立している場所に、途中から参加した方が読者が増えやすいと考えました。例えば、広告収入が欲しい!と思って、自前でブログを立てたとすると、読者を増やすためにそれなりの努力が必要です。

でも、既にそのコミュニティに入って、情報発信を続ければ、比較的容易に読者を獲得することができます。

例えば、私の場合は、アメブロで最初の投稿をして数日で30アクセスくらいになりました。自分の書く内容がショボいので、アクセス数もショボいのですが、それでも30も付いてくれるわけです。

これが、自前ブログだと恐らく、数日だと0でしょう。安定的にアクセスされるようになるには普通にやると数月はかかります。

何が言いたいのか自分が普通だと思っていたことって、外から見ると普通じゃないんですよね。特にITなんて、言ってみればオタクの世界ですし。自分もプログラミング大好きなオタクだし

なので、せっかく、今まで知らなかったペット業界に足を踏み入れたわけですし、これからこの業界内で、ITに関する小ネタ発信なんてのをやっていくのも面白そうだなと。それはそれで自分のアイデンティティの確立にもなるし、業界の発展にも寄与するだろうし、良いんじゃないかなと思いました。

何か知りたいことがあったら声かけてください笑