宅建士試験合格まで

試験2年目です。

実は2級建築士は2回目で合格しています。

1回目は体調壊して、マトモに勉強出来ていませんでした。だから宅建士も2回目で受かる気満でした

宅建試験、2年目はネットでも評価されていた

らくらく宅建塾シリーズにしてみました。

カンタン、普通、難問に分かれてて

説明も入っていたので理解出来ました。

ユーキャンじゃダメって事もないでしょうが

飽きてしまうため、新しいテキストで

心機一転頑張りたかったのです。

問題集らも買って、1万円くらいです。

ユーキャンよりは安価ですし、

宅建士で稼ぐ事を考えるとコスパ最高です!

民法宅建業法、法令上の制限、税その他

と分かれますが、宅建業法は得意。

法令上は建築士とかぶるモノもあるので

予備知識あり。

苦手なのは民法です。

らくらく宅建塾は過去問の説明が分かりやすいと思います。難問過ぎる問題には深入りするな!とアドバイスもあります。

らくらく宅建塾シリーズもみやざき塾も

怪しげなゴロ合わせが得意です。

暗記苦手な人は助かります。

2年目は仕事も忙しくなってきてたので

実は1年目。入って半年は仕事量自体はそんなになかったよう。

それでも3月中旬にはらくらく宅建塾のテキストを買って、勉強を始めました。

宅建試験をトータル3年やってるのですが

春10月末試験までテレビを見てないんです。

バラエティー番組をご飯の時に見るだけ?

19時過ぎに帰ってきてご飯作って

風呂入って、21時から22時に勉強を始め

12時過ぎには電池切れて寝る!

土日祝日休みの会社なので、

土日のどちらかは寝てました。夏のビールも我慢して勉強してたのに、痩せずに太っていきました。

3年で5増。

イライラを溜め込むと太ってしまうようです。

仕事も2年目という事で、残業も増えていきました。

9月に入ったら、過去問50問を時間はかって

やるようにしていました。

だんだん点数が取れるようになってきます。

当たり前ですね。解いた事ある問題ばかりになってくるのですから。

そして得意な問題ばかりの年もあるんです。

平成24年とか好きです。

この年に受験してたら絶対受かってたはず!

と、タラレバを言います。

2年目の結果。

合格点32点、合格率175

自己採点30点。

もしかしたら合格に滑り込める?!

なんて期待も出来ずにヤケ酒を買いに

コンビニへてくてく歩いて行きました