闇の中で

そりゃあ、明るく楽しく清く正しくが理想だとは解っていて、そうありたいとも思っているよ。

でも、目の前で最愛の伴侶に逝かれたり、最愛の息子が心を病んで訳のわからない行動をしてしまうのを見続けていたりしたら、そうなれない事もある。

誰のせいでもないから、余計に。

私は自分の中の闇の部分を今後も晒して行くけど、嫌な人は読まないでね。

昨日のデートも楽しかったけど、闇が消えたわけではない。

一瞬光が差すだけ。

むしろ、光の後の闇が更に暗く感じたりもする。

でも、本当に、誰のせいでもなく、誰に頼れるものでもなく。

ひたすら自分で闇の中を何かの光源をさがしながら歩いて行くしかない。

諦めているから、自暴自棄にもなってはいない。

ただ、光源がない時は動けないから立ち止まっている。

そんな感じ。

広告を非表示にする