ロシュフコー2

我が、日脅え、不安に苛まれる瞬間に出会うのは、

我が正常であり、

我がアタリマエに人生を謳歌している証であると

いえるような気もしないでもないのです。

我は生涯のさまざまな年齢に

まったく新参者として辿り着く。

だから、多くの場合、いくら歳をとっていても、

その年齢においては経験不足なのである。

ラロシュフコー箴言

知った風な顔をして生きていられる人は、

愚か者で虚栄が強く、上辺だけを取り繕うのが、

精一杯の人である場合もあるのかも知れません。

私事、家庭の事情で、小学生の頃は、

街の中高生の後を付いて回り、

彼らに保護されて生きていたような気もします。

中高生になってからは、愚連隊と呼ばれるような年長者に、

自立した生き方を教えてもらっていたのかも知れません。

大学生、そして社会人となってからも、

年長者との付き合いが多く、同年代、後輩との付き合いは、

正直言ってめんどうくさいと感じていたようにも思われます。

結果として、10年も20年も年長の人に重用され、

今日まで生き延びてこられたのかも知れません。

我は生涯のさまざまな年齢に

まったく新参者として辿り着く。

だから、多くの場合、いくら歳をとっていても、

その年齢においては経験不足なのである。

ラロシュフコー箴言

経験不足の状況あるいは未経験の分野に、

我は日その瞬間、足を踏み入れねばなれない。

僕は脅え慄き、年長者の経験と知識に、

救いを求めていたような気もしないでもないのです。

年長者を敬い慕い、ときに利用して

生き延びて来た。

僕は狡賢く、小心者で、

すべてにおいて未だに初心者であるようにも思われます。

が、最近、同年代に対しては、

同じ時を過ごしてきた同胞仲間として、

年下の人に対しては、かつての自分を見るような、

親近感と肉親的な愛情を持てるように、

なってきたような気もしないでもないのです。

日を楽しみたい。

その瞬間を喜びたい。

年長者を敬い慕うことで、知識と経験を学び、

同年代には同胞としての友情を感じ、

年下の人には慈しみと愛情を捧ぐ。

そのような日を過ごしたい。

そのような瞬間を喜びとして感じていたいとも、

思われなくもないような気もしないでもないのです。

実際問題として、楽しむことほど大切な事はない。

バルタザールグラシアン賢人の知恵

美知武習録122バルタザール

僕は思い上がっていたようです。

今更ながらに、それに気付かされました。

自分には選択の自由があったという

その考えさえなければ、

こうなったという選択に対して、

快感も不快感も生まれる隙は

ないのではないだろうか。

ニーチェ漂泊者とその影

美知武習録207ニーチェ

楽しく過ごしたい。ほがらかに生きたい。

その瞬間まで、

ほがらかに明るく楽しく振る舞うチャンスは、

常に今だと信じ、それを会得したいとも

思われなくもないような気もしないでもないのです。

死ぬのは決まっているわけだから、

ほがらかにやっていこう。

いつかは終わるのだから、全力で向かっていこう。

時間は限られているのだから、チャンスはいつも今だ。

嘆きわめくことなんか、オペラの役者にでもまかせておけ。

ニーチェ力への意志

美知武習録198ニーチェ

今までに、生死を分けるような入院生活は、

何度も繰り返し体験してきました。

が、今までの僕は、そのたびに、

自分は常に男らしく、潔く、快活で、

自分なりの人生の勝者として、

入院生活を全うしたいという愚かで、

情けないような思い上がった入院生活を

送っていたようにも思われます。

が、今回は、明るく朗らかに、

周囲の人が心地好く感じられるような態度で、

入院生活を締めくくりたいとも思われなくもないのです。

誰かを喜ばせることは、

自分をも喜びでいっぱいにする。ニーチェ曙光

美知武習録185ニーチェ